プロフィール

INTRODUCTION

杉田廣貴プロフィール

杉田の作品は、世界でも著名なホテル、モナコ皇室御用達のジュエリーブランドなどに納められ、海外の美術館へも収蔵されています。また、彼の書道パフォーマンスは世界でも高く評価されており、G20などの国際的な会合、数々のパーティにも出演し、そのパフォーマンスは多くの感動を生みました。

書家としてのイメージが強い杉田ですが、芸術家として書道や文化と向き合っており、世界の伝統・文化研究はさることながら、社会問題への提起となるようなアートの制作も行なっています。

彼は、22歳から表現を始めました。

大学では、電磁波やプログラミングなどのテクノロジー関連を学んでいました。
アートや伝統文化とは無縁の世界から、
なぜ、書道、そして芸術の道に進んだのか。

このページに記しています。

彼のストーリーが、皆様のパワーになれば光栄です。

また、杉田の作品のコレクション、仕事のご依頼の参考に、どうぞご覧ください。
 
 

BIOGRAPHY

書家(書道家)、芸術家

1983 宮崎県生まれ
2006 鹿児島大学工学部電気電子工学科卒業

実績については、KOKI SUGITA公式サイトに掲載しています。

STORY

杉田廣貴 ストーリー

物語は、2人の死を経験した日から始まります。

1983年3月9日 宮崎生まれ。
一般的な家庭に生まれ、幼少期は福岡、青年期は宮崎育ち。

剣道を6歳から始め、和の世界には興味がありました。
しかし、家ではハリウッド映画三昧で、海外映画の字幕で文字を覚えるほどで、西洋的な家庭で育ちました。

大学では電気電子を専攻し、電磁波やプログラミングなどのテクノロジーについてを学びます。

18歳、電気回路を作る実験で、電気が通った後の姿を想像できずに、回路を作れませんでした。

自分の想像力の無さを痛感した事から、想像や表現豊かなアートやサブカルチャーに憧れます。

また同時期に、911が発生、イラク戦争が勃発し、戦争や平和、環境や社会問題についても学び出します。

19歳、1週間で2人の自殺を経験。

「自分を変えたい」
「誰かの生きるになりたい」

そう強く思うようになりました。

この日、杉田は一度死んで、生まれ変わったと話します。

19歳から始まった人生なんだと思い、自分を変えるために歩み始めました。

「生きて、生きて、生きてやる」

そんな思いを胸に、様々なことにチャレンジをしては失敗、成功を経験していきます。

20歳、父親と血が繋がってない事を知ります。
自分のルーツとは何か?先祖とは何か?を考えるようになり、生きる事について、さらに強く意識するようになりました。

 

表現の始まり

その後、筆文字作家と出会います。

1年ほど行動を共にしながら、彼らの言葉で喜ぶ人々の姿を見て、「この仕事なら、誰かの生きるになれるかもしれない」と感じます。

22歳、言葉を書き始める。

実際に杉田が表現を始めたのが、この時です。

それまでは、書道もやったことがなく、文字を書くことも話すことも苦手だったと語っています。

同じ頃に、

同世代の元難民の女性と出会い、戦争や平和、社会問題などに取り組むアートを通じて、いつか世界に出る事を約束します。

まずは足元から始めよう。

社会を地べたから知るために、1年半ほど路上活動をしています。

ホームレスや道端の出会いを通じて、人の温かさや非道さ、そして日本の環境の素晴らしさを学びます。

のちに、日本文化を学びたいと神社へ8ヶ月滞在します。

滞在の中で、「日本文化」のベースには「祈り、奉る」という精神がある事を知り、杉田独自の書道パフォーマンスが生まれます。

それが現在、国内外で評価されるパフォーマンスとなっています。

また、剣道をベースにして、「書道」にも取り組みました。

「和」を学び、書道の偉人たちの歴史や人物を習い、神社仏閣へのお籠りや奉納をして、書の研鑽を続けています。

そうした研鑽が、杉田の作品には根付いています。

 
 

海外への取り組み

2013年に、ニューヨークのギャラリーで個展。

翌年には在アメリカ日本国大使館JICCを始め、ロスやフロリダなどの現地大学や美術館で個展・企画展・パフォーマンスを行い、話題を呼びました。

2016年に、アメリカのリーパラトナー美術館への作品収蔵。

世界でも著名なヒルトンワールドワイドや、モナコ皇室御用達のジュエリーブランド ヴァンクリーフ&アーペルなどに作品を収め、カルティエへはギフトとして作品が採用されました。

2019年には、東武百貨店の美術画廊での個展の他、G20での書道パフォーマンス、G20YEAでは閉会式にG20次期開催国サウジアラビアへのトーチパスで掛け軸(巻物)も制作しています。

近年は、芸術家として、国内外での活動を強めています。

活動当初から抱いていた元難民女性との約束を果たすためにも、また自身のアーティストの目標を達成するためにも活動しており、書道だけでなく、和や哲学を生かしたアートワークの制作も行なっています。テクノロジーや伝統工芸との融合も視野にしています。

彼のアートワークについては、KOKI SUGITA公式サイトにて、ご覧ください。

書道のご依頼、ロゴや題字などのデザイン書道、パフォーマンスのオファーを検討されている方は、このまま当サイトをお楽しみください。

PERSONAL

杉田廣貴パーソナル情報

生まれ:1983年3月9日
出身地:宮崎県
在住:福岡県太宰府市
性格:根は熱いが、ガツガツ系ではない。
興味:人、和、旅、遊び心、文化、自然、地方創生、アート、デザイン、伝統、ファッション、音楽、パソコン、インターネット、笑い..

座右の銘:
雨だれ石を穿つ。
神は細部に宿る。
一生、ふざける。

ステートメント:
世界を、和える

影響を受けた人々(順不同):
ジェフ・クーンズ、クリストファー・ウール、ジャクソン・ポロック、吉岡徳仁、ミヤケイッセイ、篠田桃紅、勅使河原蒼風、千住博、杉本博司、村上隆、柿沼康二、とんねるず、日比野克彦、クリスチャン・ディオール、サルバトール・ダリ、ピカソ、空海、王羲之、ダンカン・マクレーン、KAWS、カーティス・クーリッグ、良寛、フランツ・クライン、バーネット・ニューマン、モネ etc

SERVICE

書道作品オーダーやロゴデザイン、イベント・パーティ等の出演、講演など、ご依頼承ります。