風 いだてん 金栗四三
風, 2020 大河ドラマ「いだてん」
タイトル

/ Wind

カテゴリー

書道、書道作品、書道家、書家、文字、筆文字、書道作品、大河ドラマ、いだてん、金栗四三、風

製作年

2020

サイズ

110cm – 45cm

媒体

和紙、墨

著作権

杉田廣貴

コメント
風 書道作品
風, 2020

2020/11〜12に、

大河ドラマ「いだてん」の主人公 金栗四三翁の生家記念館にて、KOKI SUGITA書道展を開催いただきました。

熊本県和水町からのオファーで、

金栗四三翁に思いを馳せた作品を制作。

この「風」という作品では、

金栗四三翁が、

人生を走っていく様を描きました。

まるで「走ることが喜び」のように。

また、あえて古めかしい日に焼けた紙を使用しています。

金栗翁が筆まめだったことを知り、彼がもしかしたら書いたかもしれない書。

というイメージで文字を書き上げました。

本人は真面目な方だったとも言われていて、彼の書も真面目さが表れてくる掛け軸が残っています。

練習の中で、写真のように走っているような作品も書いたかもしれません。

彼の裏側に思いを馳せて書き上げた一枚です。

同展示会で展示した作品

書道作品「韋駄天」も合わせて、ご覧ください。

海外の展覧会にも出品

当作品「風」は、2021年にイラン開催の展覧会にも出品しています。