Artless

Overflowing pleasure

溢れるほどの喜びを
Pleasure – 喜
溢れるほどの喜びを
Pleasure – 喜
タイトル

Overflowing pleasure

コンセプト

このアートワークはArtlessをコンセプトにした作品。

Artlessとは、素朴さ。

意味: 巧まない、ありのままの、素朴な、無邪気な、あどけない、人ずれのしない、非芸術的な、不細工な、へたな

辞書で調べると、Artlessには、このような内容が出てくる。

書道にしても、芸術・美術にしても、

鍛錬していくほど、巧みさや、洗練されたものを作りたくなる。

しかし、それは正解なのだろうか。

子供のような字の中にも、美しさは存在するのか。

パネルも敢えて、ベニアにネジを打ち込んで、ハリボテの状態にした。

木の上にそのまま描いたのも、Artlessのコンセプトからだ。

それを「汚い」と捉えるのか、「美しい」と捉え、芸術と認めるかは、人それぞれ。

Artlessは、素朴さの中に見えるアートの在り方について、探究している。

この作品について

漢字で「喜」という字を描いている。

背景には、金色のスプレーを吹きかけている。

上から、たくさんの喜びの字が降ってきており、溢れるほどの喜びに包まれている人を表した。

カテゴリー

ART, Artless

2016

サイズ

W90cm – H91cm

媒体

ミクストメディア(パネル、墨、ジェッソ、スプレー)

著作権

杉田 廣貴

LANGUAGE
  • English
  • 日本語

    Koki SUGITA
    杉田 廣貴
    アーティスト、書家
    1983年宮崎県生。鹿児島大学工学部卒。在学中に書と出会い、「和」の探究へ。福岡を拠点に国内外で活躍。ヒルトン、ヴァンクリーフ&アーペル、米国美術館、江ノ島神社や観世音寺などへ作品を収蔵。デザイン書やギフトなども制作しており、カルティエなどの企業・店舗、映画やイベントに採用。2019年のG20では書道パフォーマンスを披露、同じく初開催となったG20YEAではトーチパスも担当した。
    >>過去の記事