HOME > メールレターバックナンバー > この後ろ姿に惚れて、手漉き和紙を変えました

この後ろ姿に惚れて、手漉き和紙を変えました

いつもお読みくださり、ありがとうございます(^^)

最近、もっとメールを楽しんでいただきたいなと写真付きでお送りできるように勉強しました(^^)/

今日は言葉ギフトcomからのお知らせです。

サイトを見られた方は分かるかも知れませんが、

今まで使っていた手漉き和紙を変え、地元の福岡で100年以上、和紙を創り続けている職人さんに手漉き和紙を作っていただくことになりました。

昨年、メールでも少しお伝えしていましたね。

トップの写真は3代目が和紙を漉いているところ

この後ろ姿と、4代目の和紙を愛する言葉の一つ一つに惚れて、この和紙を扱うことを決めました。

3代目は目が見えない中、

和紙を漉いています。

「身体が覚えているから」と、話していました。

かっこいいと心から思えました。

正直、その後ろ姿に涙目でした。

純粋に創るということを背中で教えられた気がしました。

ご縁のあと、5ヶ月間の試行錯誤。

新しい和紙を扱う上で、その厚みや見栄えもこだわりたくて職人さんがワガママを聞いて下さいました。

5ヶ月間、一番いい厚みを書きながら試して試して、制作してきて、

ようやく理想的な和紙の厚みに辿り着きました。

背景の「和柄」がうっすら見えるのが分かりますか?

名ごろもを扱う上で、ここが一番こだわりたかったところ。

1枚1枚オーダーで制作してもらっているので、1枚の単価はかなりあがってしまったのですが、一番いい形でお届けしたくてこだわりました(^^)

「名ごろも」の中サイズと大サイズのみ変更

名ごろもシリーズの【中サイズと大サイズ】を、この手漉き和紙に変えています。

小サイズは以前の和紙のままです。ご注意ください。

お知らせ

杉田廣貴のサイトのほうにて、

新しい言葉の贈り物。の形ができました。

以前から試験的に制作してきました。

上記のような写真の作品です。

とても、シンプルですが、言葉が純粋に伝わると喜んでいただいてます。

あなたへの言葉の贈り物。(言葉のみ)

(上の文字をクリックしたらページに飛びます(^^))

これからも応援よろしくお願い致します。

杉田廣貴

■杉田廣貴HP
http://kokisugita.com/
■言葉ギフト.com
http://kotoba-gift.com/