HOME > 言葉ギフトについて

言葉ギフトについて

書家 杉田廣貴 書道+織物で受け継ぐ伝統の心『言葉ギフトシリーズ』家族の大切な1枚
©Koki Sugita 言葉ギフトシリーズ 久留米絣+名前の書+言葉

1万人以上に感動を届けてきた
杉田廣貴の作家としての原点

杉田廣貴が展開する言葉ギフトは現在、

言葉ギフト.comのサイト運営や言葉ギフトプロジェクトなど、

社会貢献型のアートプロジェクトと、ギフト事業としても役割を担っています。

2016年より、このプロジェクトがより多方面で組織的活動に変わります。

アイテム、ワークショップ、自社メディアなどを通して、

「言葉で、社会が幸せになること」

をデザインする事業を行なって参ります。

その流れもあり、

杉田個人での活動や制作作品と、

会社での言葉ギフト活動を分けて動く事になりました。

言葉ギフトプロジェクトの今後の方向性等は、

言葉ギフト.comや新しい「言葉ギフト系列」のサイト等でご確認できるようになります。

今しばしお待ちください。

このページでは、

杉田廣貴が2005年に『言葉ギフト』を立ち上げた経緯と、

このサイト限定の杉田直筆の「言葉ギフト」のご案内を行ないます。

お申込・ご相談はこちらへ

言葉ギフトのはじまり

書家 杉田廣貴プロデュース 言葉ギフト「生まれてくれてありがとう。」
©Koki Sugita 言葉ギフト

もし、あなたが明日までの命だと知っていたら、

今日、あなたの家族、友人にどんな言葉を伝えますか?

 
19歳の時、1週間で2人とお別れする体験をしました。

2人とも、みずから命を絶つという方法でした。

明日、当たり前に会えるという、”当たり前の感覚”が、

ことごとく崩れた1週間でした。

その日から、

「あの時、自分がもっと関わっていれば、その方の”生きる”を創れたんじゃないか?」

と自問自答・模索する毎日でした。

今までの自分を変えるために行動していた数年。

3年ほど経った時、言葉を書く仕事と出会います。

『この仕事なら、言葉でたくさんの人の”生きる”を創れるかも知れない』

と思った私は1年ほど、その仕事をされている方の手伝いをした後、

独学で書き始めました。

そのスタートラインが路上でのパフォーマンス。

2005年9月13日。

杉田が表現を始めた日になります。

『手って、こんなに震える????!』という具合に震える手をおさえながら始まった表現人生。

最初は書家・現代美術家を目指していたのではなくて、

『言葉を通して、1人でも多くの”生きる”を創りたい』

その一心で、道は始まりました。

言葉を通して出会ったのは、たくさんの人生ドラマ

書家 杉田廣貴プロデュース 言葉ギフト「あなたへの言葉の贈り物。」
©Koki Sugita 言葉ギフト 「あなたへの言葉の贈り物。」

言葉を書き始めた杉田は、

先述の通り、

まず路上でパフォーマンスすることから始めました。

この活動には「社会を地べたから体感すること」「どんな人が来ても平常心でいる自分になること」など、

いくつかの目的があってスタートした活動でした。

路上での活動では無差別に人がきます。

ホームレスから経営者、サラリーマン、リーゼントの人、神職・住職、空手道の師範、主婦、学生と、想像をこえて人がきます。

1年4ヶ月の間、路上活動をしていました。

0円からのお気持ちで制作するスタイルで。

鹿児島から東京まで、各地を巡りながら、路上でパフォーマンスを続けました。

”目の前の1人を感動させられなければ、
今後の大勢へ感動を届けることはできない”

 
と自分に課題をだして、

毎日、1枚1枚、言葉を書いていきました。

その思いが通じたのか、

1年4ヶ月の間、路上では何度も行列や人だかりができ、1日100人以上書いている日が沢山ありました。

『どうやったら言葉で喜んでもらえるのか?』

を研究していて、その中でも、

「名前と生年月日」だけを聞いて言葉を直感でお書きする事を試した日、

10人中10人が涙を流されました。

これは何かあると、

その日から『あなたへの言葉の贈り物』のスタイルが仕上がっていきます。

直観を磨く毎日でした。

それからは、目の前の殆どの方が涙を流したり、自分に必要なメッセージだと喜んでくださり、

1年4ヶ月経って、路上を卒業し、

個展やイベント出展などに移ってからも、

行列は絶えることはありませんでした。

感動が感動を呼び、言葉の仕事が全国に拡がっていきました。

『言葉で1人でも多くの”生きる”を創りたい。』

この思いが伝わり、

5年間、1万人以上の方々へ言葉を書き、人と出会っていきました。

路上時代はホームレスから経営者など様々な出会い、

リーゼントの方と3時間も道端で語り合ったり、1万円を盗まれてみたり、珍道中もありましたが(苦笑)

地べたから人を見上げた1年4ヶ月で人の根幹にある『温かさ』を学びました。

その後の個展やイベント出展時代もドラマをもった方々が沢山いらっしゃいました。

書家 杉田廣貴プロデュース 言葉ギフト「あなたへの言葉の贈り物。」
©Koki Sugita 言葉ギフト 「あなたへの言葉の贈り物。」一年に一度の言葉
言葉ギフトで出会った方々

■子供が誕生したので、私達からの思いを残したい。

■結婚した子供たちへプレゼントしたい。

■一歩踏み出したい自分への言葉を書いて欲しい。

■今年の1枚を書いて欲しい。

■私へのメッセージを書いてください。

■なんでもいいから、言葉を書いて。

■亡くなった友人との1枚を作って欲しい。

■余命わずかのお子さんのいる家族に1枚を作って欲しい。

■父母への感謝を届けたい。
..etc

言葉ギフトを体験した方々の声

■言葉を毎日読んでいたから、夢が叶いました。

■言葉作品がキッカケで絶縁関係だった母と縁が戻った。

■何年経っても、杉田さんからもらった言葉が私達の原点なんです。

■「母に贈ってよかった」と心から思えました。

■夫婦が喧嘩した後、いつも初心に戻してくれます。

■父が涙して喜んでくれました。

■なんで分かるの?という驚きです。

■毎年、ほんとうに必要な言葉がやってくるから不思議です。

■我が子を大切にしたいと改めて思えました。

■母が、亡くなる一週間前に「この言葉のように生きてこれた、幸せだった」と伝えてくれました。

■落ち込んでいた時に言葉に励まされました。
…etc

19歳から始まり、言葉の仕事と出会い、

「言葉で”生きる”を創りたい」

と思い、書き続けてきた言葉ギフト。

杉田が制作した言葉たちが沢山の笑顔や勇気になる姿。

さらに、お客様からの御礼の言葉の数々が、

その目的を満たしていきました。

 
 
===

この言葉を書いてきたお客様のドラマを体験し、

沢山の言葉を書いてきて、

お客様の数名から「言葉が、夢を叶える支えになった」と御礼をいただきました。

その御礼の内容に、

自分を振り返り、

もっと自分の人生とも向き合う時期だと感じました。

そこで、やりたいリストにあった書家・現代美術家の道にも進むようになります。

(その経歴は、プロフィール書道作品制作ページなどでご確認ください)

このページでは書家・現代美術家の内容は割愛します。

===
 
 

沢山の人生の中で、

言葉を贈る大切さに気付かせてもらえました。

いじめや自殺、うつなどの社会問題が増える時代だからこそ、

言葉ギフトプロジェクトの重要性を感じ、

言葉ギフト.comや言葉ギフト展、講演などを通してお伝えしていっています。

作品の購入や、プロジェクトのサポーター、自社メディアのコラムライターなど、

今後、ご案内する言葉ギフトプロジェクトも宜しくお願い致します。

杉田のサイトでは、

言葉ギフトの原点でもある、

杉田直筆の「あなただけの言葉の贈り物。」を

このサイト限定販売でご提案しています。

その他のギフトシリーズもありますので、

みなさまのご支援をいただけますと幸いです。


 
 

このサイト限定の「言葉ギフト」作品はこちら

書家 現代美術家 杉田廣貴 書道 言葉ギフト
©Koki Sugita メインに文字(花咲く)言葉ギフトシリーズ

あなたへの言葉の贈り物。

このシリーズは杉田廣貴が路上の時より続けている作品です。

言葉とは何か?学んでいく上で「目の前の人に感動してもらいたい」と書き続けてきました。

その思いで見つけた方法が、

名前と生年月日をみて、その方へのメッセージを書くという事でした。

10年、そのスタイルを書き続けて、今でも多くの方に喜ばれ、北海道から沖縄までお届けしています。
(実は、海外や有名人にも喜ばれてきた作品です)

下記の3点の中からお選びください。

■名前+言葉いりの1枚

書家・現代美術家 杉田廣貴 言葉ギフトシリーズ(標準サイズ)名前いり
あなたへの言葉の贈り物。(メイン:名前)

■文字+言葉いりの1枚

書家 杉田廣貴プロデュース 言葉ギフト「あなたへの言葉の贈り物。」
あなたへの言葉の贈り物。(メイン:文字)

■言葉のみの1枚

書家 杉田廣貴 現代美術家 言葉ギフトシリーズ 言葉だけ
あなたへの言葉の贈り物。(メイン:なし)

杉田の言葉ギフト講演や出張の依頼は
下記フォームからお問合せください。

お名前 * :

団体・店舗・企業名 : 

URL : 

TEL* : 

E-MAIL* :

E-MAIL(確認用)* :

タイトル : 杉田の言葉ギフト出張・講演のお問合せ

お問合せ内容について*(複数可):
言葉ギフト制作出張について講演・トークライブについてメディア出演についてその他

お問い合わせ内容* :

■出張の交通費・宿泊費について

出張・講演の交通費・宿泊費は、
お呼びくださる人数やお書きする人数によっては、
Koki Sugita Officeが負担いたします。

人数条件については打合せの際にお伝えします。

■これまでの出張先

小学校、中学校、ギャラリー、カフェ、個人サロン、美容室、ご自宅、自宅サロン、ホールほか

■講演・トークライブと制作出張の同時開催について

講演・トークライブと一緒に、トーク後の現場制作も可能です。

人数に制限はありますが、

ご希望をお問合せにご記入ください。